最新コメント (総合) | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


最新コメント (総合)

以下のカテゴリへのコメントは本ページに表示されません。以下のリンクを利用して、ご確認ください。

マイナンバーだけで身分証明、身分の特定出来るならカード不要

北本安範さん
コメント日時

#004 エルカバさん
個人的にはワンタイムトークンには興味があります。しかし、むずい点はトラストアンカーのマイナンバーに紐ずくワンタイムトークンが公的に信頼できると証明できれば発想として将来を感じますね。
エルカバさんの言うワンタイムトークンとは具体的にどのようなモノですか?

緊急事態宣言

信長たろうさん
コメント日時

#013 こんばんは

コメントをありがとう。

「それはあなたの勝手な妄想ですね。自分勝手な目標やテーマを他人に押し付けないでいただきたい。無礼です。」は、すごい無礼です。
 だれもかがけないので、仕方なく国民の声を想定して、また皆さんはどうですか?というスタンスでいます。極めて常識的な思考だと、自負しています。

それではあなたは、デジタル改革をどう考えていますか?このまま三周遅れのままでいいのですか?
(あなたはいつも自分で何もしないで、批判ばかりしています。)


また、マイナンバーカードの保険証機能や免許証機能を付加しても(一石三鳥といっても)頻繁に使用することになるので、紛失や盗難の確率が、ざっと三倍になり、
紛失のダメージの回復に相当の時間がかかり、例えば保険証をなくしても、先月の実績等で、再発行されたらもってきてくださいとなりますが、免許証の場合は、確実に運転できない期間が増えてしまい、ダメージが大きいです。(私は免許証の紛失や忘れを防止すため、車の中で保管しています。そんなこともできなくなるは不便なことです。)

 まったく、改革のかの字にもなっていないのです。

マイナンバーだけで身分証明、身分の特定出来るならカード不要

UNZEN.JPさん
コメント日時

#004 エルカバさん
まともな話が久しぶりにできそうですね。

自分のPCやスマホならいいのですが、病院などでやる場合はそこに自分のデータが残るのではないでしょうか。中には診療報酬をごまかす悪徳な病院もあるようですので、そこは心配です。

なので自分専用のマイナンバースマホなら・・・

北本安範さん
コメント日時

#002 知っている情報をお伝えします。
PC・スマホの生体認証ではほぼ識別が不要です。なぜなら本人のみかあっても数名の識別と認証をすれば良いだけ、PC・スマホの一般な記憶媒体とは別の堅固なチップ内で巣ごもりしています。
UNZEN.JPさんのご指摘通りで認証チップ内で認証ができれば外部に記憶している情報が漏れ出るリスクがほぼありません。マイナンバーカードのマイキー君(秘密鍵)や顔認証記憶データも然りでチップ内に引きこもっていると思います。

エルカバさん
コメント日時

#002
利用者が必要に応じて公開先を指定したマイナンバーに紐づく期限付きのワンタイムトークンを払い出す方式をはどうでしょうか?

この方法であれば一定期間が経ったワンタイムトークンは流出しても何の問題もありませんし、利用者が指定していないユーザがマイナンバー情報を取得する事も出来ません。

スマホがあれば即時トークン払い出しも可能ですし、スマホがなくてもpcから払い出すことができます。

yuukaさん
コメント日時

認証装置がサーバーで管理されていれば、顔写真、パスワードを特定認証装置で暗号化送信、サーバー側で特定認証装置の暗号化データを復号後照合し認証通知を出せば良さそう?窓口認証装置でカード内顔写真データとの照合とパスワード暗号化送信サーバーで復号認証通知?ここでの違いは、サーバーの管理対象が認証装置かマイナンバーカード内ICチップかの違いとみれば、可能?それともマイナンバーカードの場合認証装置の管理も含まれているのでカードのほうが安全?それとも、認証時間の問題で、カード無しでは、時間がかかる?(顔写真データの処理時間?)

北本安範さん
コメント日時

#001 流石、UNZEN.JPさんです。
良く理解されています。秘密鍵を覚えているでしょうか?
秘密鍵を保存する堅固なトークン(媒体)があれば、秘密鍵で暗号化して送り、公開鍵で復号すれば電子証明はできますが手ぶらでは認証できることにはなりませんね。残念!!
yuukaさんの主張は個人的には賛同します。装置を持ち歩くより街の至る所に認証できる装置がある未来が良いと思います。

UNZEN.JPさん
コメント日時

yuukaさん
認証用の、例えば顔の画像データをオンラインで送受するとそれが漏洩した時に困ります(またデータ容量も肥大します)。だからデータはカードにあります。それを使って認証して、サービスが始まるのです。データはカードからは出せません。
パスワードの処理もカードにあるもので行います。送受信されるのはパスワードではありません(たぶん)。
だから安全なのです。
病院の顔認証カードリーダーはパスワードの代わりに顔データで認証するものです。結局はパスワードと同じです。生体(画像)パスワードと言ってもいい。

これが前回北本さんのアイデアで理解できたことです。

緊急事態宣言

UNZEN.JPさん
コメント日時

#011
>ここは真のデジタル改革(三周遅れを三周リードにする等)達成するための場ではないかと考えています。

それはあなたの勝手な妄想ですね。自分勝手な目標やテーマを他人に押し付けないでいただきたい。無礼です。
どうしてあなたの私的願望に他の人や国が無条件で従わなければならないのでしょうか。実現したければまず、人々を「説得」することです。あなたは批判ばかりしています。それで誰が耳を傾けますか。

>真のデジタル改革
なにその不遜な言い方。政府もここの人たちも日本人もみんなバカだって言っているようなものですよ。自分だけが賢く正しいって興奮して叫んでいる鼻息荒げたカルトの教祖みたい。不様ですよ。
では「真の」アイデアを出して見せなさいよ。批判しかできないのですか。そんなのただのクレーマーじゃないですか。アグネスラムなんて誰も知らないんですよ。あなたは想像して興奮するのかも知りませんが。

複数生体認証「のみ」による本人認証

UNZEN.JPさん
コメント日時

#016 Spockさん
そうですね、どうしても監視社会というと中国を連想してしまいますが、要はそれを管理する組織に対する信頼性ですね。信頼できる仕組みが守られていれば問題ないと考えます。

さて、いろいろ「精度」についてやられているようですが、私は必ずしも100パーセントの精度は必要ないと思っています。数値的・論理的厳密性はこの場合必要ではなく、要は実用レベルでの「限りなく間違いが少ない」精度が達成できればいいと思います。
私自身以前から複合的認証を考えていますが、これは段階的に行うものです。他人にマイナンバーカードを盗まれた時、犯人は例えばパスワードを試してみる、間違える、そして現在では再度パスワードを求められますが、間違えたらパスワードは使えない。代わりに指紋を求められる、それも合わなければ次は顔、という感じです。本人ならだいたいどこかで一致するのでいいのですが、間違いを何度も続けるのは問題が生じている証拠なので、そのような認証エラー過程を勘案しながら他人による操作を排除する仕組みです。
生体認証だけに頼るのはどうかと思いますが、こんな感じで段階的複合でいいのではないでしょうか。

ほげさん
コメント日時

#022 > 確かに計算上の話です。でも誤解はしていませんよ。

というわけで

#014 > 他人受容率1万分の1(0.01%)の生体認証を3つ、千分の1なら4つ組み合わせれば達成できます。

これは嘘ですね。誤解していないという事は意図的に嘘をついたという意味ですかね。

#022 > 逆に言えば「補完関係」がゼロというわけでもありません。

ですが 1 というわけでもありませんし

#022 > 組み合わせれば必ず精度は上がります。

それがどう言った組み合わせでどの程度という客観的な根拠も無いですね。必ずの根拠もよくわかりませんし。

自分が上がると思っているから上がるんだじゃダメですよ。っていうかその程度の与太話はここには山ほどあるのでいい加減飽きたというのが #007 なのですけどね。

#024 > いったい精度は出るのか出ないのか、どちらの立場なんでしょう

この内容は浅慮と無知のアピール以上にはなっておらず、そもそも提案として成立していないという立場ですね。

#023 > 何だか否定するのが目的で、中身はどうでもよい

否定できない中身は否定できませんね。壊れた中身を壊れていると指摘しているだけで、それは壊れた中身に対する問題指摘ですよ。で、壊れた中身を書き込んだ側にその問題意識は無いというだけですね。

Spockさん
コメント日時

#021 いったい精度は出るのか出ないのか、どちらの立場なんでしょう。言うことがコロコロ変わっているように読めます。
精度が出る前提ならば、その前提で認証と識別の区別をしないことの具体的な不具合について教えて下さい。精度が出ないとの立場なら、将来的にもできないと考える理由を教えて下さい。

Spockさん
コメント日時

#019 やはり言いたいことが分かりません。貴方が否定的なのは分かりましたが、私の疑問には答えてくれていませんね。何だか否定するのが目的で、中身はどうでもよいように読めます。

Spockさん
コメント日時

#017
確かに計算上の話です。でも誤解はしていませんよ。逆に言えば「補完関係」がゼロというわけでもありません。ですから組み合わせれば必ず精度は上がります。後はその上がり具合が問題なのであって、そこはアイデアと言うよりは技術の詰めの問題です。少なくとも頭ごなしにダメということはないはずです。

ほげさん
コメント日時

#020 > 将来的にもできない理由はないと思います。

将来の可能性論を言えばドラえもんだって出来るかもしれない話なので議論になりませんね。
別に複数を組み合わせなくても単一要素で十分な識別精度が将来出せるかもしれないのでこの提案自体全く意味のない話になりますよ。

Spockさん
コメント日時

#011
結局、複数の生体認証の組み合わせで百億分の一の(あるいはそれ以上の必要な)精度を達成できるかどうかが争点であり、できないと思うから反対、ということですよね。(できる前提なら賛成してくれますか?)

私の知る限り、確かに百億分の一に挑戦した人はいません。が、将来的にもできない理由はないと思います。時系列での変化に対しても、認証の頻度と修正によって補完可能ですし、個人の追跡によってあり得ない認証結果を外す(遠く離れた地での短時間間隔での認証等)、生体認証の組み合わせによって異なる精度低下傾向のAI的補完など、技術的工夫の余地はまだあります。

IDの話にしても、生体認証の精度が低い今だからこその概念であり、世界中の一人ひとりが全て識別できるのであれば不要(持ち歩いたり提示する必要がない、という意味で)であるはずです。登録された全てのIDのうち誰に当たるかが99.99999999%以上の精度で特定できればそれで終わり。認証=識別です。

ほげさん
コメント日時

#018 > 百億分の1の精度がある前提

認証とか識別とか以前にそれとは関係なく、まず百億分の1の精度がある前提の考え方もおかしいという事がわからないという意味ですかね。もう少し考えた方がよろしいかと思いますよ。

まあ、認証と識別の区別がついていないのでそもそも提案内容全体が手段として成立していないのですけど、個別の内容としてもあらゆる部分で壊れているんですよね。

Spockさん
コメント日時

#007
百億分の1の精度がある前提で、認証と識別の区別ができないことにどんな不具合があるのか分かりません。

ほげさん
コメント日時

#014 > 100億分の1の精度を達成するには、他人受容率1万分の1(0.01%)の生体認証を3つ、千分の1なら4つ組み合わせれば達成できます。

基本的かつ根本的に誤解していると思いますが、それは互いに識別精度に対して完全な補完関係があるという前提が必要ですね。そうでなければ最悪最も高い一つの識別方法の精度以上にはなりませんよ。そして異なる識別要素であるから必ず補完関係になるというわけではありませんね。

Spockさん
コメント日時

#004
中国はカメラだらけですが、イギリスもカメラだらけです。そして認証を必要とする場、例えば建物の入り口とかゲート等は、日本でも既にカメラが当たり前に入っていますね。
認証と意思表示はもちろん別ですから、場面によって意思表示がなければ認証しないような仕掛けはあっても良いと思いますが、全てそうでなければならないとは思いません。時と場所と場合によりけりです。例えばJRの改札前でいちいち意思表示しなければ認証しない、等と言っていては効率が上がりません。
一方で犯罪者は当然意思表示をしませんので、防犯用途に関しては別の議論が必要でしょう。

Spockさん
コメント日時

#003
欧州はこの点厳しく中国は甘いので、中国が先に様々な利便性を得て、中国に親しい中東や東南アジア等が先に益を得るかも知れませんね。5年か10年か我慢して、我慢しきれずに規制を緩める、その間に中国に水を開けられる、という未来が想像できます。

Spockさん
コメント日時

#002
1.100億分の1の精度を達成するには、他人受容率1万分の1(0.01%)の生体認証を3つ、千分の1なら4つ組み合わせれば達成できます。もし今できなくても、将来的にも無理とは思いません。技術の発展でできるようになる可能性は充分にあります。
2.同時に認証すれば良いと考えます。そのために専用の機械が必要になる可能性は否定しません。
3.後者です。

緊急事態宣言

(V)o¥o(V)さん
コメント日時

#011

>デジタル改革とは、「SDGS の考えを踏襲し、デジタル改革によって、あるいはデジタル改革を通じて、人々の生活をより便利にし、より豊かにし、そしてより多くの人が幸せを感じるようにすること。」


シンプルにお答えすると、
 デジタル改革 = デジタルガバメント + SDGs + Society 5.0
が、私の「現時点のデジタル改革」です。
5年以内に私の「デジタル改革」の定義は変わります。なぜなら人々の欲求は変化し、その時の新しい技術が、新しい何かを生み出すからと思っています。

お邪魔しました。返信不要です。


デジタルガバメント:2026年3月までのこと
SDGs:国連加盟193か国が2016年から2030年
Society 5.0:https://www8.cao.go.jp/..._0/smartcity/index.html

信長たろうさん
コメント日時

#007 (V)o¥o(V)さん

 こんにちは、コメントをありがとうございました。
確かに閣議決定までされいますね。情報をありがとうございます。
 しかしながら、ここは真のデジタル改革(三周遅れを三周リードにする等)達成するための場ではないかと考えています。

 参考に私のイメージを紹介します。

<デジタル改革の意義>
デジタル改革とは、「SDGS の考えを踏襲し、デジタル改革によって、あるいはデジタル改革を通じて、人々の生活をより便利にし、より豊かにし、そしてより多くの人が幸せを感じるようにすること。」

 閣議決定されたものでも、残念ながら問題点が多く、改革には程遠い内容なので、一緒に、真のデジタル改革を考えていきませんでしょうか?

信長たろうさん
コメント日時

#005 #006 yuukaさん

 こんにちは、複数のコメントをありがとう。

 残念ながら、改革でもなんでもない内容だと認識しています。だから、このままままでは、三周遅れが解消されないので、緊急事態宣言をしたわけです。

 御参考に、私のデジタル改革の意義を掲載します。

 <デジタル改革の意義>
デジタル改革とは、「SDGS の考えを踏襲し、デジタル改革によって、あるいはデジタル改革を通じて、人々の生活をより便利にし、より豊かにし、そしてより多くの人が幸せを感じるようにすること。」

 (あなたは、どう考えてますか?)

 マイナンバーカードは100%の所有率にはならないので、従来仕様が継続し、生活が便利にならないんです。また、強制的にマイナンバーカードを持たせようとすることに、幸せに感じない人がいるので、難しいということが言えます。

信長たろうさん
コメント日時

#003 北本安範さん

7.お金で釣るんなて、本当にひどい考え方だと思います。(気分が悪いのはどちらでしょうか。私以外にもそう思っている人も多いのではないでしょうか?)使いやすさや効果の大きさで、自然と揃えたくなる方向です
 
8、もちろんエビデンスがないので「疑念」という言葉をつかっています。(一般的な考え方ですが、お金でも貰わない限りは、わざわざ罪になるような情報漏洩をしないからです。)
9.これも「疑念」です。別のところで、池田さんというかたも近い意見を述べられています。
10.ネット記事「約240万件のマイナンバーが無許可の再委託により漏洩した。但し、他への漏洩や悪用の事実は現在の所認められない。」が事実のようです。

 私は、委託先の社員や委託会社そのものが(中国から)買収や恐喝をされると、情報漏洩をしてしまうという可能性をとても心配しています。しばしば、漏洩問題が起こり、マイナンバーを作ろうとしていた人たちも、止めた人が多いのではないでしょうか?

 いずれにしましても、上記理由で10年後3割以上がマイナバーカードを取得しないと予測しています。
あなたは、どうでしょうか?

信長たろうさん
コメント日時

#001 北本安範さん

 こんにちは、コメントをありがとうございました。
先日、長津田駅の付近のコンビニで、一家4人の心中がありましたが、昨年度の「若者を中心とした自殺者数」は「高齢者を中心としたコロナ死亡者数」の約三倍です。

 また、PCR検査数を増やし、陽性者を家に帰すことなく、陰性になるまで過ごすような隔離施設があれば、病院のひっぱくや家庭内感染を防止できます。

1.なぜ、ホテルを国が買い取り、改装するのか?
→民間や自治体では負担がたいへんだからです。

21階にドライブスルー型PCR検査と検査センターを設置を作っていつまで運用を継続するのか?
⇒コロナ禍が収まるまででしょう。

3.現在は1時間程度で判明するようですよ。
まとめてやるなら、待機してもいいと思います。(待機場所です。)

4.なぜ、ホテルに構築するのか?対応できる医療機関を増やす方が良い気がする。継続できる施策と思えない。
⇒病院だって、コロナ禍過ぎたら持て余し、一から建設ではコストが違います。
5、無症状(潜在)感染者は、判断がつかない。

6.使う場面が増えれば、紛失&盗難機会が増える。

(つづく)

(V)o¥o(V)さん
コメント日時

>現状では、改革の目標設定もせずに、マイナンバーカードの健康保険代替や免許証代替をデジタル改革だと勘違いして進めているようですが・・・それ自体が改革でもなんでもないです。

以下を読んでの発言ですかね。

https://www.kantei.go.j...dgov/201225/siryou4.pdf
https://www.soumu.go.jp...1gyosei07_02000106.html
https://www.kantei.go.j...egy_tf/dai1/siryou2.pdf

yuukaさん
コメント日時

マイナポイントは、電子決済に使う前提で国が率先して行えば、信頼が得られマイナンバーカードとセットにすることで普及する。いみじくも国の電子通貨にするなら、それなりの覚悟をすることだ。給付金口座とマイナポイント口座で安心感を?口座は、民間でも開設可能と思うが?

yuukaさん
コメント日時

例えば、財産管理、税の不公平と不払いなど、徴収の手間を省ければ、適正な課税方法を考える時間が生じて、取ればいいだけの理不尽な課税方法の見直しが出来るようになるかも知れません。山林は生産性の無い土地に課税、国が率先して利益を生む生産性の有る事業誘致をして行うべきと考えるような時間も出来るでしょう。山林から農地から漁業と自然の恵みの循環が税収を増やすという事にきづけない目先の利益を追求する税制の改革につながるやも知れません。

のがno?

悪貨は良貨を駆逐する

UNZEN.JPさん
コメント日時

#035
>どうして個人攻撃ばかり繰り返すのですか・・・
私ではないですが、他の方々の場合は彼らに対してこれまで陽人攻撃・侮辱・見下し・はぐらかしなどをしてきたご自身の言動の結果です。
私はあなたの提案に対して異議・質問・批判をしており、個人を攻撃してはいません。そもそもあなたという個人に関心はありません。これを個人攻撃と受け止められるとすれば、それはまともに答えられないからです。「攻撃」という言葉を用いて印象を誘導しようとし、肝心なことには答えない、これもあなたに特徴的なはぐらかしです。
たまに助言もしてあげていますが?

ネットは関係なく、相手をリスペクトできない人がリスペクトしてもらえるはずがありません。(仮に)実社会であなたがどんなにご立派な「立場」におられるとしても、ここでは関係ありません。あなたの言葉による「実質」だけが評価基準です。

特許ってチェーン付きドローンのことでしょうかね。申請するのは自由ですからね。認可されたんですか? 他は推して知るべし。
・世界一安全な乗り物=空中鉄道@04930

緊急事態宣言

yuukaさん
コメント日時

問題を提起しているということは解決策も考えていることと同じと思いますので、解決策も述べていただければ、皆さん参加しやすいと思います。問題意識のない人に、解決策は思いつきません。自明の理(利)と思います。一度に沢山でなく、小出しに一つづつ解決されることをお勧めいたします。

北本安範さん
コメント日時

#002
7.マイナポイントのキャンペーンをお金で釣る行為を断じることは貰った人を守銭奴扱いしているように思えて気分が良くない。事実でもない悪だくみ?を事実のように述べている点が受け入れ難い。
8.(中国から金が出て)情報漏洩を仕組んでいる。証拠をお持ちで主張されているのでしょうか?
→エビデンスも無しに事実であるがごとく、国や外国政府を非難する行為に大きな問題を感じます。
9.>個人の資産・税金管理をしようとしている。→想像であって証拠がない。
10. マイナンバーを含む個人の年金情報が中国に流失していたのではないかと、かつて大問題になった疑惑であってマイナンバーカードの内容が漏洩した指摘は事実誤認ではないでしょうか?

現時点における、VRS運用の問題点とその解決方法

タナカさん
コメント日時

CSVファイル、アップロード、ドメインなんかはオフィスワークであれば普段使う用語だと思いますよ。物事を最低限正確に示す為には、削るとちょっとまずい用語だと思います。わからなければそれこそITを生かしていただいて検索して用語を理解してもらう必要があります。

緊急事態宣言

北本安範さん
コメント日時

>以下のことを考慮すれば、普通の生活ができるのに残念です。
以下の点において論点の対処・効果が限定的であると思う。
1.なぜ、ホテルを国が買い取り、改装するのか?
2. 1階にドライブスルー型PCR検査と検査センターを設置を作っていつまで運用を継続するのか?
3. >受診し、陽性ならそのまま滞在→検査にかかる時間を一切考慮していない。採取から検査を1件づつ行うことは非効率的でサンプルを一定数まとめて検査するものではないか。待機時間を考慮していない。
4.なぜ、ホテルに構築するのか?対応できる医療機関を増やす方が良い気がする。継続できる施策と思えない。
5.飲食店に感染者が訪れても感染しない案と思われるが感染者を店に入れてトイレの動線に消毒液を「設置」レベルで予防できると思うことに対策への甘さがある。
6.マイナンバーカードの紛失を問題視しているが後生大事に持ち歩くモノを早々に紛失する仮定に疑問があり、紛失した時のケアを考えればいいのではないか。
つづく

悪貨は良貨を駆逐する

エルカバさん
コメント日時

#037
それこそがレッテル貼り。

なお私はC社とは一切の関りを持ちません。

信長たろうさん
コメント日時

#036 エルカバさん

 削除しました。

現時点における、VRS運用の問題点とその解決方法

雪見餅さん
コメント日時

追記:
V-SYSもVRSも、その操作マニュアルによって、お医者さんや看護師さんに負担を掛けてしまうという発想が欠けていることが問題だと思います。

多くの人が、最終的に、問い合わせサービスの電話を頼ってしまう状況は時間の無駄だと思うので、マニュアルの内容を、システムを使う人の気持ちになって、システムを使う時に何が見えるのか、こういう言葉を知らない場合はどうしたらいいのか、そういうものを想像しながらマニュアルの手順書を作って、他人に読みやすいマニュアルを作り上げて、問い合わせの無駄をなくして欲しいと思います。

悪貨は良貨を駆逐する

エルカバさん
コメント日時

#035
>どうして個人攻撃ばかり繰り返すのですか・・・

あなたが自説(=論拠の伴わないそれを妄想と呼びます)を「~~と思います」だけで「頑として」他者の提示する反論証拠に取りあわず、相手にレッテル貼りをするだけでまともに議論していないからです。

プロフィールもどんどん嘘が膨れ上がり、虚栄癖の持ち主だという事が誰の目から見ても明らかになりました。
C社の技術者であることを偽り、特許を複数持つと偽り、個人事業者であると偽り、誰からも信用されていません。

あなたの提案内容から浮き上がってくるプロフィールは下記の通りです。
・中学で学習についていけなくなった
・高校は卒業していない
・20年以上引きこもっている
・就職どころか外に出る事すら怖い
・年老いた親はITに理解がない
・異性が怖い

これらの現実に対してあなたは危機感を持っており、GAFAに無駄な就職活動を仕掛けている、というのが現状でしょう。

まずは現実を認め、虚栄心による虚偽を認めてください。
次にするべきことは履歴書を購入することです。
20年ぶりに証明写真を撮って貼り付けて、コンビニか警備のアルバイトに応募してください。
間違いなく周囲に迷惑を掛けまくるでしょうが、それがあなたの社会復帰の第一歩です。

緊急事態宣言

信長たろうさん
コメント日時

また、マイナンバーカードを作らない人が残存し続け、その人達は保険証も、免許証も使い続けるので、結局「悪貨は良貨を駆逐する理論で、多くの人が保険証も免許証も使い続けることになります。

 マイナンバーカードを管轄する部門、先の話題でもあげましたが、ここにきて取り返しのつかない重大なミスを二件も犯しています。

 1.マイナポイント設定
   (最終的に還元される)お金で釣ろうとしたことで、逆にメリットがないか、裏で何か悪だくみ(#)をしているのではないかとの疑念が強調されてしまった。

 (#の想定内容)
 1.(中国から金が出て)情報漏洩を仕組んでいる。
 2.個人の資産・税金管理をしようとしている。
 

 2.中国へのマイナンバーカードの内容の深刻な情報漏洩問題が出ているのに、国民が納得するような再発防止の内容を伝えないことで、不信感が最大限になっています。
 
 これからマイナンバーカード取得率が減速していき、デジタル改革の見直しが必要で、まず目標設定が急務であると考えています。
 (中高生の生徒会でも目標設定がありますので、中学生以下の内容になっていると言わざるを得ません。)

現時点における、V-SYS運用の問題点とその解決方法・その1

雪見餅さん
コメント日時

追記:

最初の「V-SYSの概要」が抜けていたので、どうしても説明したい場合は、付け加えるといいと思います。
ただ、作業をするお医者さんや看護師さんにはあまり重要じゃないような気もします。


ここでは「0.V-SYSの概要」とします。



追記:

すいません、少し修正ですが、

2.V-SYSの基本的な使い方
  2-1.レイアウトの説明
  2-2.アイコン・表記の意味
  2-3.項目の名前を変更する
  2-4.文字サイズの変更する


これは


2.V-SYSの基本的な使い方
  2-1.文字サイズの変更する
  2-2.レイアウトの説明
  2-3.アイコン・表記の意味
  2-4.項目の名前を変更する


この方が、老眼のお医者さんや看護師さんには優しいと思います。

悪貨は良貨を駆逐する

信長たろうさん
コメント日時

#033 UNZEN.JPさん

 おはようございます、デジタル改革のアイデアを考えずして、どうして個人攻撃ばかり繰り返すのですか・・・

 次の話題もとても、とっても深刻です。

信長たろうさん
コメント日時

#031 #032 エルカバさん

 削除しました。

現時点における、V-SYS運用の問題点とその解決方法・その2

雪見餅さん
コメント日時

追記:

チュートリアルソフトウェアを作る意味は、V-SYSの入力作業をできる人員を増やすことです。どれだけ看護師さんに任せるられるかが重要だと思います。

雪見餅さん
コメント日時

追記:

他にも、以下のように別の状況のマニュアルもあるらしいので、同じように使いやすい「マニュアルとチュートリアルのソフトウェアのセット」が必要だと思います。作る時間があればですが。

ワクチン接種円滑化システムV-SYS操作マニュアル優先接種時用
https://www.med.or.jp/d.../v-sys_manual_yusen.pdf


追記:

すいません、以下の内容が医療機関用のV-SYSマニュアルの最新版です。

ワクチン接種円滑化システムV-SYS操作マニュアル医療機関用
https://www.med.or.jp/d...anual_iryokikan_3.1.pdf


追記:

また、「6.V-SYSサービスデスクお問合せ先」は6番目ではなくて、マニュアルの最初の方に書いて、存在を分かりやすくするのもいいかもしれません。

国家公務員のサビ残違法状態は最初に改善すべき足元の問題では?

うぃずさん
コメント日時

#003 こちらすでにコメントついていて同様の話となってしまいますが、公務員はボランティアしなきゃいけない、という理屈は通用しないので、現在の医療分野と同様に、改善していかなければ大量離脱でなり手がいない、というような問題が生じていきます。

最終的には、公共サービスの質の低下へとつながっていきますので、行政が適切な費用を適切に払うことも、「公共サービスの質を維持する責任」に含まれます。
ですので、国民が「今の公共サービスは無駄に質が高いので、もっと質を落として費用を安くしろ」と言っているのであれば質を落とす(業務量を大きく減らす)ことで対応すべきですし、そうでないなら今のサービスを適正に維持するための、適正な費用の支払いが必要となります。(^ ^

低賃金かつ劣悪な環境で、国民に奉仕せよ!とやった結果が公共サービスの破綻(人が集まらないので公的サービス提供できません)ではダメですので、早急な改善が必要という感じです。

少子化問題と大体同じ感じ。今問題ないジャンで放置してると、取り返しがつかなくなるヤツ。

複数生体認証「のみ」による本人認証

うぃずさん
コメント日時

#007 あっててよかったぁ。(^ ^

外してたら妄想乙っておこられるからニェーw (^ ^;;;;;

うぃずさん
コメント日時

ですので、識別子であるIDはカードなどに記録された情報をもとに読み取り、そのIDの「真正性を確認する」部分に用いる秘密情報(従来のパスワードや合言葉のようなもの)としての生体情報の利用は、ある程度現実味がありますが、識別子そのものを生体情報からとって、そのうえで秘密情報ナシで認証行為を達成する、というのは(将来的にも)実現性が低いと思われます。(^ ^;;;

将来的にも難しいだろうという話は、科学技術・医療技術の向上により、おそらく肉体的な工事が大分容易になっていくことで、生体認識技術の上昇に対してある程度のブレーキがかかる状態になり、最終的には生体認証が意味をなさなくなると考えられるためです。
首から下を総とっかえできるようになったら、指紋とか役に立たないですからネー(^ ^;;;;;
ですので、現在・将来とどちらもキビシメかと思います。


上記で出した数字などは、明確な根拠のあるものではなく、ザックリした説明のためのものなので、2ケタとか3ケタ程度おかしいといった異議があれば、そのように訂正したうえで読んでもらってOKです。(^ ^v

うぃずさん
コメント日時

この99.99999999999%の精度を、99%の精度のある手法を組み合わせた場合、いくつ組み合わせれば十分な精度になるかということを確率的に計算してみると、割と非現実的だな、ということがわかるかなと思います。(^ ^v

なので、既存のそれほど正確性のないものを組み合わせて、非常に高い正確性をもたらそう、という考え方は完全に物量系に属することになるので、そんなに沢山の技術用意できないよぅってなると思います。(^ ^;;

そして、それだけたくさん組み合わせまくると、あいまいさの許容度が下がって、デブっただけで別人判定、泥酔しただけで別人判定、朝と夕方とで別人判定、ということが起こるようなものができてしまうと思います。


生体情報というのは、正にナマモノの情報ですから、いろんな要因でかなりの変動が生じます。
指紋やDNAのようなものは、時間帯や成長や体調では大きく変動しにくいですが、そういうものは数が限られています。

そのため、ナマモノから採れるナマの数値を用いて識別を行うことの現実性という点でも、提案の実現は割と厳しいと考えます。(^ ^;;;


次で最後のはずッ!!(^ ^

うぃずさん
コメント日時

複数の技術を組み合わせることによる精度・正確さの向上に関しても、科学的・学術的な分野においては、「ある一定の水準までは上昇するが、特定のレベルを超えると組み合わせによる効果が対数関数的に落ちる」ということが知られているため、まともな制度を出そうとすると数「億」個の認識技術を組み合わせる、みたいなトンデモ状況にもなりかねないです。(^ ^;;;;;

提案中でも述べられている内容ではありますが、日本人を対象に行う前提で、1億人を確実に識別できる仕組みを作ろうとした場合、99.99999999999%の精度を出すくらいが求められると考えられます。
これは、測定基準を「十分に多い母集団N人を識別し、その結果正しく識別された割合」で測定する場合に、1億人中1人でも間違った結果が出ることが許されないならば、1億分の一の確率で出る1人が、ご認識される確率を0.01%(一万分の一)にする、という考え方で、1兆分の一と計算した場合です。

怪文章は続くよどこまでも・・・v(^ ^)v

ページの先頭へ