理系人材の教育強化と増加 by MMさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00220

理系人材の教育強化と増加

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
MMさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
10ポイント

デジタルに限りませんが日本の理系人材が減っています。大学院へいく人はさらに少ないのではないでしょうか?
また理系学生の質も目に見えて落ちてるとシニアのエンジニアの方から話を聞きました。(自分も優秀じゃない部類に入るので人の事はいえませんが・・・。)
さらに優秀な人がいらっしゃっても、日本に活躍の場がなかったり、外資へ行ってしまって日本で十分に活躍してもらえてない印象です。
日本は物づくりや技術で発展しました。
今は高度経済成長時の財産を食い潰してるだけで、このままいくと革新的なものは日本から生み出されなくなり、海外の製品や海外サービスにコアとなる部分を握られ、海外製品の下請けのような仕事しかなくなってしまうのではないかと危惧してます(自分はIT系の職種ですが、使ってる技術はOSS含めほぼ海外製な気がします)。

せっかく理科系の勉強をして、専門性を身につけても給料が良いわけではなく、社会的な評価も良いわけではない。なんだかこのままでは理系人口は減っていく一方ではと思ってしまいます。
そもそも理系・文系の分け方は日本だけなのでは?
こんな事書いてると理系を優遇するのかって意見が聞こえてきそうですが、このままでは日本はジリ貧で文系の方の仕事もなくなってしまう可能性が高いのでは?と思っています。

デジタルだけに限らず科学や数学など技術のコアを握れる人材を育てるように教育を変えてほしいです。
効率的な教育を補助するために、デジタルが活用できると思います。
例えばプログラミングなどの授業は専門性が必要なため人材確保が難しい場合もありますが、授業を動画にしたり、教科書をデジタルにしたりなど人材不足を補えると思います。
科学や物理の授業などもシミュレーションソフトを使用するなども考えられると思います。

デジタル改革とは関係なくなってしまいましたが、根本のデジタルやテクノロジー分野で活躍できる人材を増やしてほしいという提案でした。

ページの先頭へ