「エンジニア」を名称独占資格に by kota128さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00223

「エンジニア」を名称独占資格に

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
kota128さん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
-8ポイント

IT業界の技術者は、現在ベテランから素人まで、また学歴や資格に関係なく、十把一絡げに「ITエンジニア」または「エンジニア」と呼ばれています。
一方で、日本以外では、国によっては「エンジニア」は工学系の学位を持った専門家にのみ与えられる称号となっており、専門知識の有無が区別されているようです。

日本のIT業界では、実務経験のみが重視され、情報系大学の学歴が軽視される傾向にあると感じています。
これには門戸を広げるという良い点もあります。
しかし、実務経験だけでは、大学で教えるようなアルゴリズムなどの専門知識は必ずしも身に付きません。
専門知識の不足は、開発現場における非効率的な開発の遠因になっていると考えます。

こうした情報系大学の学歴軽視の流れに歯止めをかけるために、日本も「エンジニア」を工学系の学位を持った専門家のみが名乗れる称号として、せめて名称で専門教育を受けた人々とそれ以外の技術者が区別されるようにだけでもすべきではないでしょうか?

ページの先頭へ