求人に応募する際に不便を感じています by トオルさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00235

求人に応募する際に不便を感じています

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
トオルさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
12ポイント

1.ハローワークの求人応募について
転職活動をしていますが、ハローワークの求人は直接ハローワークに行って応募手続きをしないといけないのが煩雑です。
他の民間求人サイトは、求人を見つけたら即ネット上で応募できるようになっています。その後の企業側との面接日や採用・不採用の連絡もメールを通してできます。
これをハローワークが民間求人サイトと同じように、ネット上で即応募できるようになればハローワーク利用者の不便が解消されます。

そして現状では求職者がハローワークにわざわざ出向く時間と、ハローワーク内での待ち時間、合計して何時間も作らないといけません。
ハローワークから遠い場所に住んでいる人は、一つの企業に応募するだけで半日かかります。自家用車を持っていない人は公共交通機関を使わなければなりません。何のためにネット回線があるのですか?ネットは検索するだけが能じゃないはずです。

ハローワークでの求人応募、求人検索~応募~採用・不採用通知までの一連の採用業務をネットですべて完結できるようにするべきです。職員に対する求人相談もチャットやメールでできるようにすべきです。

そうすればハローワーク職員の手間の削減や、ハローワーク内の混雑緩和による新型コロナの感染予防にもなりますし、求人を出している企業側の手間も削減されることでしょう。
加えてハローワークには労基が併設されていることが多いですから、求人応募者と労基利用者がごちゃまぜになって駐車場に停められない・空車待ちで渋滞の元になっています。
ハローワークのオンライン化で常に満車状態の駐車場不足も解消されることと思います。


2.履歴書について
いつまで経っても郵送での履歴書信仰、手書き信仰なのがまったくもって理解できません。
郵便料金は書類を折らずに送ると120円かかります。封筒代もかかります。4x3cmの証明写真も必要です。ネットがあるのに応募する会社ごとに何百円もかかります。
不採用でも「応募書類は責任を持って破棄します」と述べ、履歴書を返送しない企業も多いです。「写真返せ!再利用するんだよ!」と言いたくなります。
PCで履歴書や職務経歴書を作っても、それをプリンターで印刷して封筒に入れて郵送するのは無駄の極み。
履歴書の全面デジタル化を義務化するか、紙の履歴書ゼロを達成した企業には補助金を出すとかすべきです。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ