行政機関の住基ネット利用の義務化 by デジタル小僧さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@00309

行政機関の住基ネット利用の義務化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
デジタル小僧さん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
10ポイント

行政機関は住基ネットが利用できるのに、未だに紙の住民票を求めるところがあります。
行政機関の住基ネット利用を義務化し、行政機関による住民票の提出要求をやめさせましょう。
以下は代表的な例です。

①運転免許証
住所変更があったとき住民票を提出します(義務ではないが住民票が多い)
都道府県公安委員会が住基ネットを使えば、住民票の提出は必要ありません。

②車検証
車検証の住所変更に住民票が必要です。運輸支局が住基ネットを使えば住民票は必要ありません。

③公用請求
行政機関が業務上必要な第三者の住民票を自治体に請求します。税務署など滞納整理を業務とするところが多いです。
公用請求はタダなので、出す側としては手数料収入もなく完全に出し損です。住基ネットで確認すれば自治体の負担がゼロで済みます。

ページの先頭へ