運転免許証を「Apple Watch」にIN! by tadatetsuさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00450

運転免許証を「Apple Watch」にIN!

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
tadatetsuさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
-2ポイント

まず、このような意見箱を設置し、人々が気軽に行政に参画できるように仕立て上げた事を称賛いたします。

運転免許証を「Apple Watch」にINしてください。
APPLE社の担当者を引っ張ってきて関係省庁との間で調整してもらってください。

なお本来は「Apple Watch」ではなく「ウェアラブル端末」と記載すべきなのですが、令和2年現在、OSのサポートが手厚く、アプリの拡張性が高く、世の中に広く流通している端末がApple Watchしか見当たらず、便宜上かっこの中をApple Watchとしてます。

このアイデア実現により国民が得られる利点は「ミニマルスタイル生活の推進」「免許うっかり不携帯の防止」の2つです。

「ミニマルスタイル生活の推進」ですが、「手ぶらに近い最小限度の『持たない』暮らし推進」という意味合いです。私は身につける物を最小限に抑えて快適に過ごしたいと考えてます。
今Apple Watchの中には「財布」が入れられます。「家の鍵」も入れられます(CANDYHOUSE社「SESAMI mini」)。「車の鍵」もじきに入ってきます。ではApple Watchとエコバッグだけで、地方の人がちょっとそこまで日用品を買いに行けるでしょうか?否です。免許不携帯で捕まってしまいますから。

「免許うっかり不携帯の防止」ですが、令和2年交通安全白書によると、令和元年の免許証不携帯取締件数は約5万5千件です。これ全部必要な取締でしたか?
そりゃ誰が「無免許」かわかりませんから、現場の警察の方々は無免許かどうかは確認しますよね。でも不携帯で取締受けた人は試験場通っています。技能は肉体に宿っているんですよ?免許証は生活に直接必要がないのです。ご多忙な警察行政の皆様も、「不携帯」なんて無駄な書類作りたくないですよねクソ忙しいのに。

ならば免許証は鍵のような生活必需品に紐付けて、「その一つを絶対に携帯する仕組み」を提供すれば良いではないですか。
民間の力で、端末一つで生活が成り立つ環境が整備されてきてます。しかしあと一つ、「官」の力が足りない。
今、官にデジタル化の機運が高まっている事はこの国の僥倖です。膨大なデジタル施策の中の小さな一つとして、このアイデアこのスタイルをぜひ実現させてほしい。

内閣官房IT室もといデジタル庁のご健闘・ご健勝をお祈り申し上げます。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ