マンション/アパートナンバー(住居ナンバー)とオープンデータ化について by JumpeiNishiokaさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00543

マンション/アパートナンバー(住居ナンバー)とオープンデータ化について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
JumpeiNishiokaさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
8ポイント

マンションだと同名が多く地名が名前に入ってくるケースだと被りやすく、また住所の枝番が一緒でも同じ住所の
住居がいくつかあったりと建物を特定する状況に弱いです。

不動産情報を提供しているサイトは数がたくさんありますが、公平性や透明性に欠けているサイトが多いのもまた事実です。
また、住宅を買うことは一生に一度の大きな買い物です。
価格もそうですが、様々な専門知識や法律知識も要求され買い主の努力だけで何とかするには限界があります。

最終的には建物情報をオープンデータ化して、過去の取引事例や成約事例も管理して
不動産取引価格に透明性や公平性を持つところまで進んだら不動産取引のトラブルも減少するのではないかと考えています。

ページの先頭へ