ハローワーク専用の主治医の診断書を電子診断書(ハンコデジタル化)を作ってほしい。 by のび太さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00551

ハローワーク専用の主治医の診断書を電子診断書(ハンコデジタル化)を作ってほしい。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
のび太さん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
7ポイント

全国のハローワークで専門援助部門など(障がい者などの就職支援、失業保険など)
仕事などする時、働く場合、職業訓練を受ける場合にハローワーク専用の主治医の診断書が必要と言われる。ハローワークからお金を出さないで「書いてきなさい。これが無いと仕事などを紹介が出来ない」と言われた。
病院で主治医の診断書を書くだけで2200円~はかかります。近いクリニックなどなら早く書けて良いが遠い大型病院、クリニックになると何週間もかかる。

仕事を見つかった人は良いが中には見つからない人は診断書ためにお金を出すのは悲しいです。
例えば主治医が転勤や退職などが合ったらまた、最初から書くのはもったいないです。 ハローワークが配慮する所もあるが一から書くのは難しいです。

主治医の診断書は印鑑、病院名の印鑑が必要です。 ニュースでハンコ廃止しようと進めている方向でハローワーク専用の主治医の診断書を書いてお金を払うのはおかしいです。 ハローワーク専用の主治医の診断書を失業保険などで書く場合でも毎回もお金を払います。

ハローワークの専門援助職員から年に2~3年の診断書を書いてきなさいと言われる。 診断書だけで、2200円~です。限界です。

ハローワーク専用の主治医の診断書は電子診断書(ハンコデジタル化)を作ってほしい。
病院とハローワークを直接なら無料にして 
本人に渡す場合のみ1000円以内などに抑えて欲しい。「プリンター機やコンビニなどでコピーを出来れば500円以内」にしてほしい。出来れば、ハロワークから出して欲しいです。

今は、デジタル化時代です。ハローワーク専用の主治医の診断書を電子診断書を作ってほしい。

デジタル庁、総務省、厚生労働省、全国のハローワークなどにお願いします。デジタル改革として動いて欲しいです。
みなさんのアンケートをお願いします。声を聞きたいです。

「電子診断書(ハンコデジタル化)」を出来ると便利です。コスト削減します。助かります。

ページの先頭へ