行政特有の表現をわかりやすく by ちゃんさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@00641

行政特有の表現をわかりやすく

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ちゃんさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
3ポイント

行政が事務を実施する際によりどころになる法令や、各種通知は法令用語の使い方に沿った書き方がされており、慣れており得意な者には厳密で誤る余地は少ないです。
しかし、実際に法令や国の通知を誤りなく解釈できる者はそうはおりません(小さな役所では一部の方だけです)。
システムベンダがシステムを構築する際は、計算式や四捨五入など法令やルールに相違なく構築する必要がありますが、難解な行政ジャーゴンを噛み砕いて設計できる者がいるとは思えません。
そうすると、クライアントに確認をして、クライアントがこれでOKとした計算方法に沿ってシステムが構築される。こんなことが自治体の数だけ起きている。効率性からはほど遠い状態です。
ベンダの設計者にも分かるような、自治体特有の言葉の言い回しの教材や、システム構築をする際の計算式の例といった標準的なモデルがあれば生産性の向上に繋がると感じています。

役所言葉はやめる必要はありませんが、デジタル対応はベンダの協力なくしてできません。
共通のコミュニケーションルールが必要だと考えます。

ページの先頭へ