国家レベルのセキュリティを by ひらがなのはらさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00701

国家レベルのセキュリティを

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ひらがなのはらさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
4ポイント

行政デジタル化政策は本当に大賛成ですが、やはりセキュリティ面を心配される方も多い。

1.個々の個人レベルの情報を守るミクロな観点
2.国のシステム自体を守るというグローバルな観点

2つの側面それぞれ分けて考えるべき。
具体的には
1.は、マイナンバーカードのログイン管理、
2.は、他国や悪者から攻撃されシステム破壊やデータ操作などの対策
といったに点である。

1.に関しては日本国内においても、例えば生体認証などセキュリティ対策技術がそこそこ進んでいるように感じる。人材やこの分野を得意とする企業なども存在する。
しかし問題は2.である。
国レベルのシステムに関しては未知数の部分が多い。
今回の国レベルのシステム化を推し進めるにあたっては、今一度根底から見直す必要がある。
今のままで足りるのか。それとも追加や修正、新規作成が必要なのか。
個人的には不足しているんじゃないかと言う感じはしている。
というのは、そういった大規模ななサイバー攻撃に国をあげて対策しているといったことを、今までのところ聞いたことがないからである。
おそらくそういったレベルのセキュリティについて本格的に研究開発を行っている企業は国内にはないのではないか。
仮に国がそういったものを真剣に考えていないとしたら(予算が付かないとしたら)企業も技術者も積極的にそれに関わろうという気にならないのは当然である。
したがってこの分野に注目していて力を入れる方針であること明確に打ち出すことが必要である。
この辺を主導できるのは菅総理でありデジタル庁であると思う。
そして実際に十分な予算を充てて企業や技術者を集め、研究開発を全速力で行うよう施策するべきである。

ページの先頭へ