ハローワークでの失業手当にかかる手続きのデジタル化について② by コロナ残業さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00745

ハローワークでの失業手当にかかる手続きのデジタル化について②

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
コロナ残業さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
8ポイント

→①の続き

3、制度について
 そもそも、4週間毎の認定日来所による求職活動の確認が必要なのでしょうか。時代が進み、多様な働き方が出てきたことで、求職活動も多様化しているのではないかと思います。ハローワークの定める求職活動の定義に当てはまらない活動方法もあるのではないでしょうか。ハローワークの申告書の様式では、未だにインターネットでの求職活動についての選択肢すらありません。
 失業者自身にあったそれぞれの方法での求職活動を行えるよう、求職活動の確認自体を廃止し、失業手当を一時金として一括支給することも良いのではないでしょうか。(デジタル化とは直接関係のない話になってしまいすみません…無知な意見でしたら申し訳ありません。)

ページの先頭へ