船舶 管理・手続き業務の電子化 by 海事業界の中の人さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00807

船舶 管理・手続き業務の電子化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
海事業界の中の人さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
7ポイント

タイトルについて下記の提案をさせて頂きます。
極めてアナログな業界なので、デジタル化を進めることのメリットは大きい業界だと考えます。

1 証書類をWEB上での共有化及び更新

  国籍証書・検査証書等の公的書類を、WEB上で監督官庁と船舶管理人で共有できるようにする。
  現状は、紙ベースによる書類が、船・事務所・監督官庁を物理的に移動している。


2 証書発行手続きの迅速化
  
  現場(造船所や船の係船場所)での検査に合格しても、官庁内手続きの為と思われる持ち帰りが必要。
  新たな証書が発行されるまで、船を動かすことが出来ず機会損失が発生している。
  場合によっては、免許状の発行に1か月を要する場合もあります。

船自体は、洋上を移動する為、現時点においても通信環境のままならないところもあり
完全なデジタル化は難しいところもあります。しかしながら、手続き等は、船舶を管理している
事業者が、陸上で管理し、手続きを行っています。デジタル化を進め、業務の効率化を促進すれば
海事業界の発展にもつながると思います。

ページの先頭へ