医療保険費削減のために医療費自己負担率を、医療費x年齢(%)にする by 裸で上京さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00830

医療保険費削減のために医療費自己負担率を、医療費x年齢(%)にする

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
裸で上京さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
4ポイント

18歳未満と出産は医療を無料として、18歳からは医療費x年齢(%)にする。

18歳は18%、36歳は36%、50歳は50%、60歳は60%、80歳は80%、の自己負担とする。

例えば、65歳の人が10,000円の医療を受けた時の自己負担は6,500円となる。

現行の医療費計算では煩雑になると思うが、マイナンバーの情報で計算したら簡単にできると思う。

若者が苦しい生活を強いられている日本で、
老人がガンの高度医療や移植など高額な医療を保険で受診するのは慎むべきだと思っています。

問題は老人たちの賛同を得られるかだ。
私自身60歳過ぎであるが、年金や社会保険料の支払いで苦労している若者世代に申し訳ない思いがある。
意外と多くの老人が申し訳ないと思っていると思う。

若い世代が投票に行けば、ここまでは無いにしろ老人の自己負担比率の大幅な引き上げは実現可能だと思っています。

ページの先頭へ