戸籍廃止 by うずしおさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@00872

戸籍廃止

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
うずしおさん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
-4ポイント

祖母との血縁関係を証明するために、戸籍抄本を取り寄せたが、請求書・手数料(定額小為替)・切手を貼った返信用封筒・本人確認書類の写し等が手続き上必要であり、多大な労力と時間がかかった。
また祖母の戸籍を取得する際に、祖母に通知がいかない仕組みも少し気持ち悪いなと思った。(自分の戸籍情報が親戚等に知らぬ間に取得されている可能性があると感じた。)

そもそもマイナンバーが付与されている時代に、住所を基準とした戸籍という概念がすでに不要なものではないかと思った。
マイナンバーを基準とすれば、納税時にも祖母と自分のマイナンバーを知らせたら血縁関係等が証明できると思う。
マイナンバーに生年月日、名前、性別、これまで住所の履歴(住民票の履歴)、親・子のマイナンバーを管理すれば今の戸籍は不要になり、よりシンプルで便利な社会になるのではないでしょうか。

ページの先頭へ