「全国共通の戸籍謄本データベース」の構築 by EpochMaking_Piiさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00877

「全国共通の戸籍謄本データベース」の構築

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
EpochMaking_Piiさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
12ポイント

現在、戸籍謄本は、「本籍地」別に個別に紙媒体、または、データベース上に登録されています。
遺産相続をする場合など、故人と血縁者の戸籍謄本を入手しようとすると、遠方の本籍地に郵送で戸籍謄本のコピーを要求しなければならない場合があります。
現住所近くの役所から、オンラインで戸籍謄本のコピーが得られればとても便利になります。
ところが、現在、戸籍データは、本籍地によりバラバラで、全国共通になっていません。
「全国共通の戸籍謄本データベース」が構築されて、個人ごとのマイナンバーが登録されていれば、戸籍謄本の入手がとても簡単になり助かります。

ページの先頭へ