IT/AIやロボットで代替できる職種での就労ビザは制限するべき by 日本ミツバチさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00893

IT/AIやロボットで代替できる職種での就労ビザは制限するべき

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
日本ミツバチさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
2ポイント

IT・ロボット技術を普及させるために、それらの技術で代替できる職種において、外国人就労ビザの発給や更新を制限する必要があると思います。例えば、キャベツ収穫機は既にあるのに、技能実習生を採用してキャベツを手作業で収穫させている農家がいますが、技能実習生を雇うお金でキャベツ収穫機を借りて貰えばいいと思います。ホワイトカラーの職種でも、例えば、AI通訳翻訳技術の発展で、わざわざ通訳翻訳の外国人を雇う必要はなくなってきています。他にも、RPAやAIで代替できるようになってきている事務系の職種においての外国人の就労ビザは制限していくべきです。

ページの先頭へ