医療情報デジタル改革 by むくどりさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00934

医療情報デジタル改革

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
むくどりさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
8ポイント

転居前後に歯科診療で同様のレントゲン撮影を行い、不要被曝に関する疑問を感じました。ICRP勧告に基づき法令において公衆と職業での被曝線量の限度が規制されています。一方、医療において、リスク・ベネフィット・アナリシスに基づき、生命・健康を守るための診断・治療において被曝線量を数値化する事の難しさも理解できます。しかし、ALALAの原則を真剣に捉えるならば、再撮影による不要被曝を可能な限り低減する努力が求められると考えます。今回のケースでは、デジタル化されたパノラマX線撮影デジタル画像データの医療向け共有化が解決の手段となり得ると思われます。これは、パノラマX線撮影画像データのみに止まらず、あらゆる被曝線量情報、更には、重複診療やオーバードーズの防止に役立てる仕組みをクラウドやアクティブ・ラーニング等のデジタル技術を駆使した医療情報の有効活用の形で構築し、発信して、あらゆる人や動物への世界標準を目指しては如何でしょうか?

このアイデアのタグ

ページの先頭へ