日本独自の飛行機搭乗ルール by Yamaguguさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@00962

日本独自の飛行機搭乗ルール

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
Yamaguguさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
2ポイント

武漢肺炎の影響を受け、世界の航空業界がダメージを受けています。
おおかた今後、国による助成等が計画・実施されていく流れかと考えております。
しかし、これまでと同じスタイルでは、きっと経営が難しいのではないでしょうか。
そこで提案なのですが、
EPSON製のスマートグラスを、対ウイルスPPEとして改良したものを強制導入させる形はいかがでしょうか。
正直現段階では、Googleグラス、EPSONスマートグラス共に、不格好で売れることが難しいと思います。
しかし、外国のルールでは、フェイスシールドとマスク着用が法制化されてあることもあり、
この流れの中で、和製スマートグラスとフェイスシールドを兼ね備えたものを飛行機搭乗者に義務付けし、
一定の技術発展に寄与し、シェアを主導的に取得する可能性を秘めていると考えます。
メリットは、座席に液晶モニターを設置、設計するコストを削減でき、
先進国の中古を購入している国の飛行機にも導入できるものと考えます。
また、フェイスシールド、PPEアイテムという形でウィルス対策を示せると思います。
きっと国内産業を再生させる策ではないかと考えました。

ページの先頭へ