税金支出の見える化 by Satoさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01029

税金支出の見える化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
Satoさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
4ポイント

全省庁や全自治体で、それぞれ予算がいくらあり、それをいつ何に使った、というのをリアルタイムで集計(前日分までを集計)し、Webサイトで誰でも見えるように公開し、可視化する。

トップページでは、まずは省庁や自治体などの支出総額が見えているが、金額をクリックしていくと、どんどん細分化されて、最後は1回の支出単位(金額、支払い先)までに細かくなっていく。

国民の税金がどう使われているのか、国民は知る権利があり、監視の目を厳しくすることができるはず。

これを必須要件とすることで、省庁や自治体の精算・支払いのシステム化につながる。

どうしても見せられない支出 (職員個々への給与で個人が特定されるケース、警察などの機密費) はある気がするのが、それは例外として、それ以外は基本例外ナシで全て見える化する。

ページの先頭へ