住所を直接扱わなくて良くする by togepanさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01039

住所を直接扱わなくて良くする

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
togepanさん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
8ポイント

郵便・配達物を捨てるとき、個人情報である住所が流出します。
郵便物等には、システムが発行した一定期間有効な数値、バーコード等のみを印字し、
それを読み込んだ値をシステムに照会することで配達者のみが配達先を知ることができるようにすれば、
捨てられたものから第三者が個人情報を得る事ができなくなると思います。

また、通販サイトや行政手続き等で住所記載が必要となりますが、同じ住所であるにも関わらず
都度入力が必要で面倒です。カード等に記録された住所情報をサイト等に入力する方式を
国で標準化することで、多くの国民は住所をほぼ直接扱わなくて済むようになるのではないでしょうか。

ページの先頭へ