河川情報等にAPIの実装を by 宮崎誠弥さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01150

河川情報等にAPIの実装を

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
宮崎誠弥さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
11ポイント

現在官公庁が発表する多くの情報は、ウェブページを通して表示されるようになっています。たとえば国交省管轄の河川情報もその一例です。

https://www.river.go.jp...Jump_ac80_sel1_fw0.html


このサイトにアクセスすると、様々な情報が画像情報として表示され、またHTMLコードが非常に膨大となっており、アクセス完了までに相当のデータ流量があります。

平時はこれで十分ですが、昨年の台風19号等が接近・上陸した際はこれらのサイトへのアクセスが集中し、正常に接続できなくなりました。

そこで、対象観測所の数値だけを直接取り出すことができるAPIの実装を提案します。これにより数千文字(および画像データ)を伝送しなければならないところ、たとえば水位情報であれば数文字のみ伝送すれば完了となり、通信帯域の大幅な削減となります。

ついては、河川情報のみならず、国が発表する数値データ等についてはweb表示のほか、APIによる値の取得を実装していただけるよう、希望します。

ページの先頭へ