マイナンバー取得前のデータ管理 by 情報太郎さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@01235

マイナンバー取得前のデータ管理

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
情報太郎さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

自治体は、マイナンバー法施行以前から、ユニークな宛名コードを付加し、各種システムと連携をしており、住民登録外の方に対しても住登外者(市外の方が市内の土地を取得してその固定資産税の課税するためなど)として宛名コードと同様にユニークな番号を付加して管理しているかと思います。
現在、システム標準化やマイナンバーの活用を検討しているところですが、上述の住登外者であれば、日本国住民登録とみればマイナンバーなどで管理できるので問題ないかとも思います。

しかし、システム標準化をどの業務まで行うかわかりませんが例えば保健センターなど、まだお母さんのお腹の中にいる赤ちゃんの健康状態を管理するため、〇〇ベビーなどと一時的に住登外者と同じようにコードを付加して管理していることもあるようです。

ついては、保健事業のデジタル化を検討するにあたっては、マイナンバー取得前のデータ管理について従前どおり自治体個々で管理するなどの議論もお願いします。

ページの先頭へ