性犯罪者 投資詐欺の犯罪者」の、「統合データベース作り、氏名と顔写真を、完全公開」、再犯を防げます。 by タカタカバさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01294

性犯罪者 投資詐欺の犯罪者」の、「統合データベース作り、氏名と顔写真を、完全公開」、再犯を防げます。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
タカタカバさん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
4ポイント

「性犯罪者と、投資詐欺の犯罪者」の、「統合データベース作り、氏名と顔写真を、完全公開する」、再犯を防げます。

ジャパンライフが、ネズミ講を行い、「約20万人から、約3000億円以上の、お金を集めて、計画倒産した」、また「わいせつ行為を行った教師が、再び教師として、学校で働いている」、この2つの問題を、解決するには、「投資詐欺の犯罪者の、データベースを、完全公開する」、「性犯罪者の、データベースを、完全公開する」、この2つを、必ずやるべきです、米国政府の、米国連邦法である、「メーガン法」と、全く同じものを、日本政府も、制定するべきです。

米国連邦法の、「メーガン法」では、

「性犯罪者の、自宅周辺の、地域住民に、性犯罪者がいる事を、通知する」。
「性犯罪者の足に、発信機をつける」。
「インターネットで、氏名と顔写真を公開する」

この3つが、法律で義務化されて、本当に実行されています。

飲食業界でも、広場で行われる、「フェスティバル 祭り」、などの名目で、飲食店から、お金を取りながら、逃亡する詐欺師が、多発しています、こういった事が、繰り返して、起こるのは、「詐欺の刑罰が、余りにも軽すぎる事と、犯罪者の、氏名と顔写真が、公開されていないから」です。

犯罪者の、「氏名と顔写真を、必ずインターネットで、公開して下さい」、犯罪の抑止効果が、とてもあります。詐欺被害にあって、泣いている、中小企業の社長を、助けてあげて下さい。「投資詐欺 金融詐欺 の犯罪者」と、「子供への、わいせつ行為 の犯罪者」、「この2つの犯罪者の、氏名と顔写真を、公開する」様に、統合データベースを、作成して下さい。

ページの先頭へ