医師間のやり取りのオンライン化 by ちゃんさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01345

医師間のやり取りのオンライン化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ちゃんさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
8ポイント

医師は一騎当千ですので、オンライン診療の普及について発展はあるといっても患者と医師が対面することには大きな価値があります。
優秀な医師は常人では及びがつかない研鑽をしており、患者と同じ空間を共有することで分かることが本当に多い。このことは、政治家や官僚ならば、同じ一騎当千として腑に落ちるのではと思います。
一方、専門分野が異なるために、診療先から別の医院を紹介されといった事務フローがあります。
これはデジタル化で改善の余地があります。というのは、デジタルは空間の影響を受けませんので、患者が訪問している医院から直接専門医にビデオチャットで相談ができれば、別の医院を訪問する手間、医師の手間を削減でき、社会コストの削減ができると思います。
診療報酬については配慮をすればよい。

優秀な医師の時間を有効に使い、健康で有益で効用の高い社会ができればいいなと思います。

ページの先頭へ