職業訓練のモダン化、高度化(あるいはオンラインリカレント教育) by ikemoさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01370

職業訓練のモダン化、高度化(あるいはオンラインリカレント教育)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ikemoさん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
8ポイント

最近、プログラミングスクールが多く設立されており、
高い授業料にも関わらず人気があります。
その理由は、ベンチャー企業で求められる技術を学習し、
就職する機会を提供しているからです。
もっとも、怪しいところも多くありますが。

逆に言えば、プログラミングスクールが流行しているのは、
現在の職業訓練が需要に合っていないからです。
初学者向けのものか、レガシーな技術ばかりで、転職には役立ちません。

必ずしも需要に合わせる必要はないですが、
ベンチャー企業で使われるのは主にオープンソースソフトウェアであり、
ベンダー固有の技術よりも公共性は高いです。
また、DXの推進により今後ますますモダンな技術の需要が高まり、
人手不足になることが予想されます。

そこで、次のような形の職業訓練が必要だと考えます。
離職者に限らず、リカレント教育の一環でもいいかもしれません。

・対象: ある程度ITの経験はあるが知識が古くなっている人など、初学者向けの職業訓練では物足りない人
・方式: オンライン(ある程度のスキルがある人が対象のため。また、地方格差の解消や、座学だと一度に教えられる人数に限りがあるため)
・内容: コンピュータサイエンスに加え、Git, DockerやモダンなWebフレームワークなど、ベンチャー企業で使われる技術

ページの先頭へ