電子カルテの統一規格 by たあさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01408

電子カルテの統一規格

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
たあさん
投稿日時
コメント数
6コメント
評価P
12ポイント

医療費が国家支出として、膨大であるのに、病院、診療所間でのカルテの連携が取れていない。
 現在各病院、診療所で使用されている電子カルテの規格がばらばらであり、システムを変更すると引き継ぐことさえできない。
 そこで、電子カルテは統一規格とし、ソフト(アプリケーション)は国家で作成し、配布することにする。そうすれば、すべての病院、クリニックが患者のデータを共有できるようになり、各種検査、採血データ、服用している薬もすぐにわかるので、診察時間等の短縮にもつながるし、よく似た作用の薬の重複も避けられる。
医療の標準化にもつながるし、レセプト審査も簡略化でき、医療費の無駄をなくすことにつながります。
 電子カルテの変更に、自院のデータが次のコンピューターに取り込めない何てこと、医療業界以外では考えられないのではないでしょうか?
 そして、どうして統一規格がないのか?異常だと思いますが、いかがでしょうか?

ページの先頭へ