今後の教育環境に対してのデジタル庁への期待 by neko27mさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01473

今後の教育環境に対してのデジタル庁への期待

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
neko27mさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
6ポイント

今後リモート授業などが増えていき、教育環境の変化は加速していくかと思います
そうなると教育へのデジタル庁の役割も大きくなるかと思います
恐らく近いうちに、授業はVR化し、学校はVRなどの設備提供と体育や技術系科目や部活などの集まる場として機能していく、みたいなことを想定されているのではと思いますが
自宅に設備を整え必要な時や好きな時に学校へ行く、学校の設備を使いたいので通学するなど色々な通い方も出てくるのでしょうね
体育の授業の単位などはスポーツジムなどで代用できたりもできるようになるかもしれませんし、スマートデバイスなどのGPS機能などを利用してマラソンなど、リモートでやれることもあるそうですし、また非同期でやるなんてことも面白そうですね
360度歩行デバイスなどが普及すれば、VRで運動会などもあるのでしょうか?
個人的には、合わせて必須科目の見直しなど、より専門性を育てていくような形にシフトしていくのを希望しています
変化が大きい中、なかなか短期間での制度設計は大変と思いますが文部科学省と協力して頑張ってほしいです

ページの先頭へ