目が見えない人にウェブページを読みやすく製作しませんか!(デジタルの光を!) by misonoさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01544

目が見えない人にウェブページを読みやすく製作しませんか!(デジタルの光を!)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
misonoさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
5ポイント

目が見えない人は画面読み上げソフトを使ってウェブページを音声で聞きます。
画面読み上げソフトにはパソコン用からスマホ用まで存在していますが、このような
テクノロジーを活用した、ウェブページの読みやすさについては、まだまだ課題が
残されています。官庁のウェブページ自体はだいぶ読みやすくなってはいるものの、
PDF資料や統計データなどは、まだまだ読みやすいとは言えません。
また、国勢調査や電子申請システムなども、十分に配慮がなされているとは言えません。
今後、さらにデジタル推進が加速すると、いわゆる情報格差がさらに生じないか心配です。
このようなウェブページの読みやすさや使いやすさについて、新たなデジタル庁では、
すべての政府から発信される情報の検証を、そのようなすべての人に情報が行き渡るように、
専門的に検証する組織作りや内部専門検証機関をぜひ設置運用していただけませんでしょうか。

私は全盲で、この文章を画面読み上げソフトを使いながら入力しています。
すべての人が容易に情報にアクセスできる仕組みをお願いいたします。

ページの先頭へ