行政サービスの銀行・コンビニ委託 & 24時間化 by KazTさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@01547

行政サービスの銀行・コンビニ委託 & 24時間化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
KazTさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
-1ポイント

本来、行政サービスというのは、職業分類ではサービス業に位置付けられるはずです。
一部を銀行やコンビニに窓口業務を委託するべきだと思います。


行政サービスの実態は平日の9時ー17時で窓口が閉まり、受付窓口も様々なところに分散しており、サービス業が本来目指すべき利便性向上とはかけ離れています。
平日に休みを取り、1日で済めばいいですが、2回にわたっていかなければならなかったりしています。


しかし、24時間受付では公務員が忙殺されるので
一部を民間委託することを推奨します。


現在、コンビニも銀行も再編が課題になっていますが、
雇用を守る意味でも別業態への変換が必要です。
これらの業種は一部、公的サービスを行っていたりと、委託を受ける基盤はすでにあると思います。


デジタル化に際して、コンビニ・銀行に時間外業務を委託し、デジタルで管理をすることで
もっと、窓口を一元化し、サービスの向上に勤めていただきたいと感じています。

ページの先頭へ