デジタル改革アイデアボックスをアレクサ対応にしませんか by misonoさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01550

デジタル改革アイデアボックスをアレクサ対応にしませんか

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
misonoさん
投稿日時
コメント数
6コメント
評価P
6ポイント

すべての国民が情報にアクセスできる仕組みを考えるとき「音声による操作」は切っても切り離せないアクセシビリティの課題であると考えます。

情報弱者とも呼ばれる視覚障害者(目の見えない・見えにくい人)は、「デジタル改革アイデアボックス」にアクセスすること自体が困難です。本来は、このような人にこそデジタルの恩恵があるべきです。

そこで1つのアイディアです。

それは、スマートスピーカー機器を使ってデジタル改革アイデアボックスに投稿できる仕組みです。

「アレクサ、デジタル改革アイデアボックスに投稿して」と告げると「タイトルは?」「内容は?」というように順番に尋ねられて投稿できる仕組みがあれば、視覚障害者だけでなく、IT機器に不慣れな人々にも容易にアイディアを投稿できる仕組みが構築でできます。

個人情報は予めアプリで家族や友人に登録してもらっておけば、最初の初期設定で戸惑うこともありません。

ページの先頭へ