FAXによる役所への書類受付の廃止 by コジマタカコさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01572

FAXによる役所への書類受付の廃止

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
コジマタカコさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
13ポイント

国、自治体などすべての役所の問い合わせが電話かFAXになっていて、メールでの連絡ができません。
資料を欲しいと問い合わせしてくるのに、その資料をFAXで送るように言われるのでFAXが捨てられないだけでなく、一度すべて紙にプリントしてFAXしなければならず、紙も時間も無駄だし、会社からじゃないと送付できないため資料送付のハードルが高い。
メール添付であれば、プリントする必要もないしすぐに対応できるのになぜメールじゃだめなのかがわからないです。
FAXは通信コストも高いし、機材も高い、紙にプリントする手間や時間もコストがかかるし受け取った側もデータ処理をしないといけないので合理性がまったくないのに改善しようとしないのはなぜなんでしょうか。
直接の仕事の受発注などで役所の方とやり取りするときはメール添付で資料のやり取りをしているのだから、メールが使えないわけではないので、なぜこうした不合理な対応をしているのでしょうか?
FAXは完全廃止、又は、どうしてもFAXじゃないと対応できない人だけ対応する形で、原則メールを徹底してほしい。

ページの先頭へ