エストニアのDigiDocの実現 by デジタルコンシェルさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01657

エストニアのDigiDocの実現

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
デジタルコンシェルさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
7ポイント

前職でエストニアの技術を提供する企業にいた関係で、自分自身もe-Residencyを持ち、エストニアの技術に触れて参りました。
その中で日本に居てもとても便利だと感じたのがDigiDoc(https://en.wikipedia.org/wiki/DigiDoc)でした。
これは、エストニア政府が発行しているIDカードを使って簡単に暗号化できるドキュメントツールです。

DigiDoc自身は一種のZipファイル作成・解凍ツールですが、エストニアのID-Cardと連携しており、
渡したい相手の電子証明書を指定してファイルを作成することで、ファイルを解凍できる人を限定できたり、
PKIの仕組みにより自分の電子署名を使って暗号化すること出来ます。

この機能を使って、エストニアでは契約書だけでなく、普通に見積書・請求書を安全に相手に送ったり出来ます。
これもID-Cardを中心としたデジタル基盤が国全体で整備されているが故の利点です。

いまだに日本ではパスワード付きZipファイルをメールで送り、別途解凍用パスワードを送る仕組みが主流ですが、
是非マイナンバーを使った日本版DigiDocを実現して欲しいです。

期待しています!

ページの先頭へ