国際運転免許証取得の手間をなくすため、運転免許証に英語表記追加 by 山田淳二さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01810

国際運転免許証取得の手間をなくすため、運転免許証に英語表記追加

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
山田淳二さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
9ポイント

日本の運転免許証を持っている人が海外で車を運転する場合は、日本では国際免許証を取得するというルールがあります。海外での運転には「国際免許」が必要とされていますが、実は国際免許は法的な書類ではなく、運転免許証のための英語翻訳の書類の位置付けです。要は日本の運転免許証の必要な項目にあらかじめ英語表記が記載されていれば、そのまま海外での運転免許証として通用します。国際免許証の発行には色々な団体の利権が絡んでいると思いますが、国際免許証取得の手間・費用(発行手数料は2700円で1年間有効)を削減するために運転免許証に一部英語表記を追加してください。

ページの先頭へ