教育に最新の環境整備を by T.Sugarさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01821

教育に最新の環境整備を

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
T.Sugarさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

【アイデア】
5Gなど通信環境を含め、最先端の技術を最優先で義務教育に整備する。1回整備したら終わりではなく、常に最先端の環境にする。

【背景】
これまでの教育がアナログ過ぎている。
アナログの環境でアナログの教員から教わった子供はアナログ人間になる。
タブレットが全児童に渡っても、性能の低い端末で、WiFiがあるところでしか使えない、有用なアプリケーションも少ない(あっても有料なので学校単位では予算がとれない)ような状況では、効果が低すぎる。
中途半端では教員もアナログのまま変わらず、これからの社会を動かす人材が今と同じような大人にしか育たない。

【利点】
最先端の物に触れ、最先端の通信環境が当たり前の中で育った子供は、義務教育が終わり、最先端の環境が無償提供されなくなったとき、同等のものかそれ以上のデジタル環境を求めるようになる。
需要が増え、活用の幅が広がり、さらに上の技術を目指そうという人材が増える。
大人になってから最先端を知るのでは遅い。
知らない人がいては国で一斉に何かを変えようとしたときに「使えない人がいるから」という反対がでる。
全員が家庭環境に依らず一斉に同じものに慣れ親しみ、理解があれば、それを前提に進めていくことができる。


国民の税金や年金は未来の日本のために使われて欲しい。

ページの先頭へ