5G時代のノーベル賞級の技術 by 山岸寛光さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@01872

5G時代のノーベル賞級の技術

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
山岸寛光さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
1ポイント

5G時代では、将来の自動運転を見越した絶対に途切れないサステナブルな電源環境と5Gのミリ波(性質的には、遠遠赤外線)の熱問題による蓄電池のヒートアップ問題解決と、超ハイスピードリアルタイム応答性によるIoT機器のセキュアな「エッジデバイス」と「エッジコンピューティング」が台頭して、改竄出来ない「ブロックチェーン」による障害/履歴管理がポイントとなっております。

熱問題対策の絶対途切れない電源としては、私のブログでも紹介している充電なしで常温で超イオン電導を起こし24時間無尽蔵に強力に熱を吸収して冷却して半永久的に熱発電出来るノーベル賞級のハイパー全樹脂電池が一躍「21世紀の石油」として活躍することになるでしょう。

日本国家技術戦略として、5Gの特許技術では到底ファーウェイに勝てないので、セキュアな「エッジデバイス」や、ノーベル賞級の地球温暖化を大きく救う「電源デバイス」で大差をづけてハイパーに圧勝します。

ページの先頭へ