入試のデジタル化 by しろさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@01908

入試のデジタル化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
しろさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
8ポイント

国公立の大学入試、公立高校入試などをマークシート式に戻してほしいと思います。
本来、一発勝負でその学生の実力を測るべきではなく、本来は試験を複数回行い、その平均点ないし最高点で評価すべきです。それに伴い、教師の主観が入る「内申」は廃止されるべきです。内申点のために教師に媚びるべきではありません。内申よりも複数回のテストのほうがよほど公平だと思います。
そして、そのためには一回の試験のコストが下げられなくてはいけません。そもそも入試というものは、社会的な富を生み出す活動ではないので、コストは可能な限り下げられるべきです。どうしてマークシート式を記述式にしたのか分かりません。
また大学入試における記述式試験は大学教員の採点負荷が大きすぎ、本来の研究活動に支障をきたします。こちらは研究者の生産性を下げるので実害とも言えます。
デジタル改革で是非実現してほしいことの一つです。

ページの先頭へ