200種類2,000個の情報システムの共同化 by 岩崎和隆_さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02003

200種類2,000個の情報システムの共同化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
岩崎和隆_さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
18ポイント

以前、ある県の情報システム全体最適化計画を担当したとき、庁内の情報システムの棚卸しをしたら、約200件(種類)ありました。共同化という視点で考えると、人事給与システムなど、国、地方公共団体で共通のもの、住民基本台帳管理システムなど市区町村共通のものなどがあります。
 要するに、200種類の情報システムが2,000個あるという状況にあります。
 これらを、それぞれの省庁や団体で整備するのは、非効率です。各種類1個の情報システムに統合した方が効率的です。自治体情報セキュリティクラウドも、47個ありますが、1個でよいはずです。情報システムは、地方分権より集中の方が効率がよいです。そのためには、団体自治をある程度制約することになっても、得ないと考えます。

ページの先頭へ