0.01%… by wolfさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02006

0.01%…

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
wolfさん
投稿日時
コメント数
16コメント
評価P
18ポイント

日本の視覚障害者数は総人口に対しておおよそ0.01%です。そのうちの一人としてまたアイディアを投稿いたします。是非僕らの声に目を向けてください。耳を向けてください。お願いします。
重度の視覚障害者の多くは、音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使い、コンピューターやスマホ、タブレットを操作します。この読み上げソフトの特性について知っている方は、ごく一部です。ICTに精通されている方でも知らない方がほとんどではないでしょうか。
こんなことをよく質問されます。そのパソコン・スマホ・タブレットは視覚障害者用ですか?答えはNOです。OS上で読み上げソフトを走らせ各種情報を認識させています。拾っている情報の多くはプログラムに組み込まれた文字情報です。ただ、このソフトの様々な特性から万能ではないんです。実用レベルで使うには、ハード・ソフトウエアの両方を細かく設定しなければなりません。
繰り返しになりますが、我々は情報障害者です。情報障害者がICTの恩恵を受けるためにはこういったことを熟知された方の存在が必要です。地方自治体に委ねる、使っている当事者に委ねる、それを支える支援者に委ねるのではなく、国としてあるいは、それに匹敵する大きな組織として情報の保証をしていただければ幸いです。
最後に、我々はいつまで一本の白杖で情報を得なければならないのでしょうか。そして点字で文字を認識しなければならないのでしょうか。

ページの先頭へ