住民税の特別徴収税額通知書(納税義務者用)のペーパーレス化 by 岩崎和隆_さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02008

住民税の特別徴収税額通知書(納税義務者用)のペーパーレス化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
岩崎和隆_さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
10ポイント

給与明細の電子配信により、紙の給与明細を配付しなくてよいので、業務効率が向上しました。しかし、そのような民間企業でも、年1回、市区町村から住民税の特別徴収税額通知書が紙で届くので、従業員に配付しなければなりません。
特別徴収税額の方は、eLTAXから電子データを入手し、電子的に給与計算システムに取り込めるのですから、希望する民間企業には、特別徴収義務者が市区町村長に代わって従業員に通知することを認めるなど、納税義務者用(個人宛)の特別徴収税額通知書をペーパーレスすれば、民間企業の業務が効率化すると考えます。

ページの先頭へ