デジタル政府形態とアプローチ2 by birdさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02073

デジタル政府形態とアプローチ2

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
birdさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
2ポイント

2説明
(ア)コントロールテーブルのマッピング
①メインルーチンの設計作業を十分に配慮したもの
②リアル組織は仮想組織に擦り寄る
(イ)設計能力
①官僚のプライド(分かるふりをする=業者承知)
②その場しのぎ
(ウ)損切(1文字のミスタイプ 数十万人の足を奪った)
①例 自動改札“40年”程前 終日不具合 改版=1文字=全て 普通
•ソフトは設計者しか改版できない 深くなると 本人でも怪しい
(エ)人材
①組織にspoilされていないツボ”が居ても良い
(オ)工程
①step1(スタンドアローン)
②step2(接続 垂れ流し)(生データーでシステムを検証する)
③step3(運用前検収 十分な時間)
④step4 コックピット化
(カ)開発項目まとめ
①組織図(ソフトウェアから見た組織図)
•タスクを抽出(10万本タスク:内部理想も仕様止まりか)基本部分は内製
•例 自動改札=ソフトウェア=一見自動化無理も諦めない
②PCアプリ設計
•次は コントロールテーブル と接続
③主装置の設計(10枚並列運転:意外と難題)(形式:ラック)
•MPU基板
メインルーチン(コールドスタート 診断 スキャン 管理)
メモリー基板
iコントロールテーブル
•インターフェイス基板(テーブル と PCアプリ)
•大容量記憶装置
SSD + HDD
iバッファー
ii住基データー
④通信(垂れ流しの場合)
•インターネット(既存デバイス)開発中用
(キ)(続く2)

ページの先頭へ