福島原発の汚染水の、トリチウムの、除去に成功した企業が、あります。 by タカタカバさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02120

福島原発の汚染水の、トリチウムの、除去に成功した企業が、あります。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
タカタカバさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
1ポイント

福島原発の汚染水の、トリチウムの、除去に成功した企業が、あります。

デイリースポーツの、電子版記事。タイトル名、鳩山元首相、汚染処理水放出の、政府を批判、「トリチウム分離成功の、企業の声を、聞くべき」。

鳩山由紀夫元首相が、10月18日までに、ツイッターに新規投稿。東京電力福島第1原発のタンクの、汚染処理水について、政府が放射性物質の濃度を下げた後に、海に流して処分する、方針を固めたという報道を受け、「なぜトリチウムを、分離してから、流さないのか」と指摘し、「分離に成功している、中小企業の声を聞くべき」と、提言した。

鳩山氏は投稿で、「漁業者の強い反対が、あるにも拘らず、政府は福島第1原発敷地内の、多量の汚染水を、海洋に放出する事を、決めると言う」、と切り出し、「なぜトリチウムを分離してから、流さないのか。難しい技術だが、実験段階で、トリチウムの、分離に成功している、中小企業はある」と、指摘した。鳩山氏は、「漁業者に、金で解決など考えず、その企業の声を、聞くべきである」と、呼びかけた。

電気新聞の、電子版記事から。タイトル名、トリチウム水の、分離可能に。近大などが、装置を開発。東電電力、福島第一原子力発電所の、汚染水量削減に、期待。

近畿大学工学部 広島県 東広島市 の、井原 辰彦 教授、東洋アルミニウム、近畿大発ベンチャー企業の、「ア・アトムテクノル近大らの、研究チーム」は、6月27日、放射性物質を含んだ汚染水から、トリチウム 三重水素 を含む水、トリチウム水 を、分離 回収する方法と、装置を開発したと、発表した。炭やスポンジの様に、多量の小さな穴を持つ構造、「多孔質体」を格納した、フィルターを使い、「汚染水から、トリチウム水を、効率よく分離する」。今回の成果により、汚染水の容量削減などが、期待できるという。

井原教授が完成さた、多孔質体は、直径5ナノメートル以下の、「細孔」を有し、「毛管凝縮によって、細孔内に水とトリチウム水を取り込んだ後、トリチウム水を、細孔内に保持したまま、水だけを放出する機能を持つ」。

アルミニウム粉末焼結多孔質フィルターを格納した、実装置による、実験を行ったところ、アルミニウムに、熱水処理を施す、「ベーマイト処理」を行った、フィルターでは、初期段階で、ほぼ100%除染される事を、確認した。電気新聞 2018年6月28日

このアイデアのタグ

ページの先頭へ