行政のデジタル化: ICカード認証を一旦捨てる by hiromichinomataさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02123

行政のデジタル化: ICカード認証を一旦捨てる

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
hiromichinomataさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
-2ポイント

マイナンバーの認証方式には二種類ありICカードを使った方式とID・パスワード方式があります。ICカードはカードリーダーが必要なため現時点ではあまり普及していませんが、セキュリティーの観点から政府はICカード方式の方を原則としています。

現状普及していないならそのやり方にこだわらない方がいいと思います。ユーザー数が第一です。もちろん詐欺などの件数をモニタリングしていく必要はあります。

例えば政府のシステムを受託している会社があるとしてICカードもサポートするとどうしても開発が遅れてしまいます。スピード感を持って進めるためにはやらないことを決めるのはやることを決めること以上に大切です。現状普及に失敗したICカードは捨ててID・パスワード方式のみで全行政システムが動くことにまずはフォーカスすべきでないでしょうか。

政府の制度変更はよくXX年からという単位で語られますがそれも変な話でKPIベースで決めた方がいいと思います。全国民のID・パスワード方式定着率が90%を超えたら再度ICカードを検討する等。

ページの先頭へ