行政のデジタル化: ICカードのQRコードを複雑なアクセストークンに by hiromichinomataさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02125

行政のデジタル化: ICカードのQRコードを複雑なアクセストークンに

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
hiromichinomataさん
投稿日時
コメント数
33コメント
評価P
0ポイント

免許証とICカードの一体化も検討されていますが、マイナンバーカードが普及したところでICカード認証が基本だとカードリーダーのところでつまづき結局使われない可能性が高いように感じます。

一部のスマートフォンによってはICカードを読み取れますが全てではないです。ハードウェアに依存した認証方式はスケールしないやり方だと思います。

Webサービスやアプリの認証でアクセストークンを使うというのは民間のサービスではよく使われる手法です。マイナンバーカードにはQRコードもついているのですが、読み止まれる内容は番号そのものです。数字だけで桁数もそれほどないとアクセストークンとして使えません。

画像認識の発展はすごいもので例えばクレジットカード決済に使われるStripeのSDKではカードの画像からクレジットカード番号を入力することができます。数字だけの番号程度なら手でも入れられますし、OCRのタスクで言えば簡単な方だと思います。

QRコードはより人間が入力するのが困難なものほどワークする方式で単なる数字の読み取りに使うにはオーバースペックです。アクセストークンに使った方が真価が発揮できると思います。

仮に免許証と一体化したマイナンバーカードver.2を作るのならそのQRコードは行政サービスへアクセスするアルファベットや数字、記号を含むトークンにすべきではないでしょうか。

例: "A8_97AetX9CvQnvmjKPzSArfAjr3-W289tnL"

QRコードならほぼどのスマートフォンでも読み取れますし、ICカードリーダーも不要なため普及率の向上が期待でき、IDパスワード方式よりセキュアだと思います。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ