税の電子受付窓口の統一 by InoueArataさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02197

税の電子受付窓口の統一

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
InoueArataさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
4ポイント

納税者にとって、税は税です。
国税・地方税の区分はあまり認識がないものと言えます。
現在は、税理士がそこを補っています。

電子申告開始当初よりの主張ですが、税の受付口が国税と地方税で違うことは、省庁の都合です。
計算の基礎データは同じで、国税に送ったものを転送すれば済む話です。
両者のID・PWが必要で、なおかつ受付の条件が違ったりするので、税理士も困惑しています。
電子における、国税・地方税の受付窓口の統合を切に期待しています。

(一社)地方税電子化協議会やJ-Lis(地方公共団体情報システム機構)のアンケートにも同様の意見がたくさん寄せられているはずです。
総務省の管轄の、両組織は、一般納税者から見ると、天下り先として作ることが先行し、納税者の利便性を考えていない組織と映ります。
必ずしも両組織を解体する意見ではなく、国税庁の窓口に送信すれば、自動的に地方税に流れるようにシステム化するべきであると考えます。

ページの先頭へ