メール共有のすゝめ by さとっしゅさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02284

メール共有のすゝめ

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
さとっしゅさん
投稿日時
コメント数
10コメント
評価P
2ポイント

弊社では、メールの共有を行っています。

私が送るメール、受け取るメール、その全てが、全社員に見えるようになっています。

安心してください。個人アドレスも持っていますので、
社内のやり取りや、飲み会のお誘いは、個人メールやチャットでやり取りします。

つまり、「外部とのやり取りは、見える化をしている」というわけです。


メールを共有するメリットは、「高品質な対応を手間なく作成できることです」

主なメリットは、2点です。

 ①メールの漏れがなくなる

  チームでメールを共有管理するので、対応漏れがないか、緊急度の高い案件がないかを確認できます。

  かつて、奈良県でこのような事件が起こりました。

  難病の相談メール9件、1年半放置 奈良の支援センター  
  https://www.asahi.com/a...SM7251FDM72POMB00C.html

  このようなことは、起こらなくなります。


 ②メールの品質があがる

  上司の承認を経て、送信することができる(承認機能)
  優秀な先輩社員のやり取りを参照して、メールを作成できる(履歴の閲覧)
  テンプレートを登録して、メール作成時間を短縮できる(テンプレート機能)

  品質が担保されたメールを、素早く作成することが出来る≒メールの品質があがる
  という話です。

ページの先頭へ