起業促進: 社外アドバイザーの税制適格ストックオプションの高度要件変更 by hiromichinomataさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02355

起業促進: 社外アドバイザーの税制適格ストックオプションの高度要件変更

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
hiromichinomataさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
1ポイント

https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/02354/ の妥協案です。

2019年に税制適格ストックオプションの付与対象が社外アドバイザーにも拡大しましたが、博士号取得者や未踏プロジェクト採択者など一部のものに限られています。

甘んじて不正防止などのために高度人材に絞るにしても官と関わりのある資格のみにスコープを絞るのは不合理。
民間企業の採用では民間の資格なども重要なファクターであり、例えばKaggle Masterや競技プログラミングのRed Coderは明確に高度人材と言える。

そういった民間の世情や例えばUSのO1 Visaを参考に高度の要件を実務に寄り添ったものにするべきでは。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ