人材確保: テストの電子化による計測可能な教科での飛び級容認義務化 by hiromichinomataさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02358

人材確保: テストの電子化による計測可能な教科での飛び級容認義務化

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
hiromichinomataさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
3ポイント

教科書ばかり話題ですが、テストの電子化について語られることが少ないように感じます。

背景

* 現在の日本の人口は減少傾向で労働人口確保のために定年延長、外国人の受け入れを行っているが足りていない
* IT領域においてもプログラマーの数が恒常的に足りない

提案

* テスト電子化により飛び級を推奨する。

概要

* 3ヶ月ごとに受けれるデフォルトの電子テストを国が一括で提供する
* 学生はテストに合格すれば飛び級ができる
* 飛び級は計測可能な教科に絞り実習科目は除く
* 先生は通常通りテストを自分で作成してもいいし、デフォルトのテストを使っても良い。

効果

* 労働開始年齢が下がることにより税収アップ
* IT業界の人手不足が解消される
* 学生は在籍期間のみ学費を払えばいいので経済的に恵まれない家庭に産まれてもチャンスが増える
* 先生はブラック労働環境から解放される

このアイデアのタグ

ページの先頭へ