バーチャル自治体の構築について by 場が大事さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02424

バーチャル自治体の構築について

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
場が大事さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

フルデジタルな自治体を目標にするためには、パイロット的な自治体が必要という議論が出てくると推測される。(どこか先行団体はないかを探しまねる)しかしながら、実際の自治体でいきなりフルデジタル化するのは、困難が予想されるとともに住民サービスに影響が出ることも考えられる。そのために、まず、バーチャルで仮想自治体を構築し、先行して課題に対する回答を得ておくことでスムーズに自治体がデジタル化に移行できるのではないだろうか。その際に、実際の行政職員と、民間IT系の人材も一緒に業務を行うことで、旧来の事務を単純にデジタル化することを防ぐとともに、複数のバーチャル自治体間を作成競争させることで、真にあるべき姿のモデルを作り横展開することでデジタル化の加速が可能となるのではないか。デザイン思考による根底課題の抽出と論理思考による実現性のバランスが重要と考える。

ページの先頭へ