マイナンバーカードの地域医療ネットネットワークでの活用について by 場が大事さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02498

マイナンバーカードの地域医療ネットネットワークでの活用について

カテゴリー
3.その他
寄稿者
場が大事さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

現在、全国で地域医療ネットワークが構築されており、早い地域では更新が始まっている。ネットワーク内で医療情報連携を行う際に、「保健医療福祉分野の公開鍵基盤」HPKIの認証を利用している団体が多いと考えられる。しかしながら、このHPKIについては、利用している医師より評判が芳しくない。HPKIのカード申請に、各種の証明書等が必要で、医師の負担が大きいことが理由である。よって、地域医療ネットワークの利用率が下がる事象を聞いている。医療は、国民生活の根幹をさせる重要インフラである。この重要インフラを維持するために、医療情報の連携により要介護になるのを防ぐことや医療費の低減、大学病院等のワークライフバランスの向上を図ることが必要です。そこで、HPKIをマイナンバーカードに実装されているJPKIに統合できないか。統合することで、認証基盤の効率化と公共サービスメッシュに地域医療ネットワーク統合することにより、自己医療情報の管理も可能となるのでしょうか。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ