無犯罪証明書 by Takeさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02624

無犯罪証明書

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
Takeさん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
9ポイント

デジタル化してもらいたいのは警察の無犯罪証明の取得手続きです。
オーストラリアのビザを取得する際に無犯罪証明を求められます。
この取得手続きと交付を電子化してもらえないでしょうか。
以前は封緘した証明書が各国で求められたのかもしれませんが世界はどんどん変わっています。
会社の知人で同時にオーストラリアのビザを申請した人が過去にイギリスに留学していた関係でイギリスでの無犯罪証明を取得しましたがオンラインで手軽にできました。
私の場合、住まいの松戸市から千葉県警察事務所に時間を予約して出向いてそこで専門の係官による指紋の採取をしてもらって、1週間後に封緘された開封無効の封筒入り証明書を受け取りに行くと言うような手続きで大変に時間を浪費する作業を仕入れられます。警察の係りの方の所要時間も相当なものがあります。
オーストラリアでのビザの手続きは自分で開封して、無効となった(笑)証明書をPDFで撮ってオンラインで申請するだけです。
前科がないことが求められているだけなのに、これからもっと日本人が国際的に活躍していく上で、このような過剰な手続きはナンセンスです。オンラインで手続きができるようになれば海外で活動している日本人が別の国にビジネスで移る際のビザ取得も非常に助かります。
イギリスなど英語圏の諸国では、何から何までオンラインで申請できます。無犯罪証明書もその時点で判明している犯罪歴=前科がなければオーケーと言う考え方なんだと思います。受け入れ側の国もオンライン申請処理なので開封無効の扱いも不要です。私の場合、以前働いていたタイの無犯罪照明を取得しましたが、それもただの封筒には入っていない紙の証明書でした。このような役所の証明手続きの国際的な流れにどんどん合わせてもらいたいと思います。県警本部の機械も減り職員の業務も合理化できると思います。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ